スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いのGP その六

またまた、間が空いてしまいました
あちこちトラブルが多発して具合悪くなりそうです(泣)
修正するだけで二週間かかりました(大泣)
修正箇所はアンダーカウルとフレーム
今にして思えばシートレールやサブフレームはアルミ棒を使えばよかったかな~(泣)

…と、いう訳で続きです(笑)



DSC0826411.jpg

アンダーカウルの修正
後端部分を斜に且つ平になる様な感じで成型します



DSC0826311.jpg

ついでにシートカウルもやり直し
尻つぼみしている感じなのでもう少しボリューム感んを出します


DSC082692.jpg

成型が完了したら塗装に入ります
まずはファンデーションホワイトから、ファンデーションイエローも考えましたが、なんか色的に
逆に発色が悪くなりそうだったのでホワイトにしました
乾燥ブースに三日ぐらい入れて乾燥したらいよいよイエローの塗装です
資料等を見る限り若干明るい感じのキャメルイエローなのでイロイロ調合して
テスト吹きして見ましたが結局タミヤのキャメルイエローが一番いいみたいでした(核瀑)
オートクリアーを吹けば若干薄まる傾向があるので丁度イイ具合になると思われます
後は乾燥ブースに入れ三日ぐらい放置します


DSC082511.jpg

カウルが乾燥するまでフレームに戻ります
'89TZのカウルは面鏡程ではありませんが結構光ってます
よってメッキシルバーを使います、当初は折角メタルで作ったのでそのまま磨き込みも
考えましたがメタルとプラの接合面が結構目立つのでサフを吹きメッキシルバーで仕上げました
しかしこのままでは光りすぎなので軽くウエスで擦ると丁度いい具合に半光沢となります



DSC082521.jpg

フレームに溶接痕を付ます、この後エンジンをマウントしネジを打ちます



DSC0825311.jpg

アドラーのネジをエンジンに打っていきます
0.8mmと1.0mmを使用



DSC0825711.jpg

同じくエンジンに排気デバイス(YPVS?)を付てみました
ここいら辺はボンヤリした白黒写真しか資料が無いので
写真をほそ目で見ながら(笑)それらしく作ります



DSC0827011.jpg

エンジンをマウントします



DSC0827111.jpg

エンジンハンガーとフレームにネジを打ちます
どちらもT2M製、小さすぎて見えませんねぇ(汗)
ハンガーのが6角フランジボルト、フレームのがキャップボルトです、一応(笑)



DSC082501.jpg

すっかり恒例となった(?)チェーンを組みます
今年もトップスタジオ製の物を使用します
やはり全金属製はプチプチ切れなくてイイ感じです(笑)
今年はゴールドチェーンを使ってみました(笑)




DSC0826611.jpg

リアサスを作ります、キットのはスプリングがモールドとして一体成型されているので
きり飛ばしアルミの棒と洋白線で作り直します



つづく






スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドーハン

Author:ドーハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。