スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S660

私の先代の愛車ホンダビート

約20年近く乗り続けた為愛着もあった
諸般の事情により手放す事になったが
今でも好きな車の内の1台である

ハイブリッドの時代が到来し、いつしか
ビートの後継機がハイブリッドで登場か?
などというウワサが流れ始めた

その時は、ふーん…ぐらいな感じだった

10月23日
11月末から始まる東京モーターショウに
向けてコンセプトカーや新車の発表が
行われた
その中の1台のコンセプトカーに
私の目が釘付けになった

ビートぢゃん!(笑)
ちなみにS660かビートかはたまた
別の名前なるか正式名称はまだ
決まって無いそうです

このクルマで1番私が気になったのは
やはりエンジン、先代のビートは
操安性こそピカイチだったが
如何せんエンジンの設定がNAしかなかった為
同世代のカプチーノやAZ-1に遅れを取っていた
前回展示されたコンセプトカーは
EVあるいはハイブリッドではとの憶測が流れたが
今回のS660、詳しいスペックは
まだ発表されていないものの後方に
デュアルエギゾーストが
確認出来る事からEVの線は無くなった
大方の予想ではNシリーズ共通の
3気筒ターボではないかと言われている

ターボ………先代のビートに
乗っていた時、どれだけ憧れただろう
当時のホンダはターボ不要論みたいなモノが
蔓延しており(速いけど燃費が悪くなるから)
ホンダの車、ほぼNAだった
普通クルマならいざ知らずスポーツカーなら
NAとターボ両方あってもいいじゃんと
カプチーノやAZ-1を横目に
歯がゆい思いをしたものである
それが今回はターボが標準
それだけでもこのクルマに乗る価値はある
当時は燃費の関係でターボを蹴っていたのに
現在では燃費の為にターボ付ける風潮に
なって来ているのもなんか皮肉な感じだし(笑)

車体ではフルオープンでは無く
ダルガトップ的なデザインも良い
フルオープンはやめようね雨漏りするから(笑)
おぢさん的にはクローズドでもいいぐらい
剛性上がるし


コクピットはまだコンセプト然としている
でもカッコイイ
おぢさん的にはシフトレバー仕様も
設定してくれると嬉しいが
現代の流行りじゃないから望み薄か
オーディオなんかはiPhoneやiPodなどの
シリコンオーディオと親和性の高いものが
標準で搭載とのウワサ

極論から言ってカッコイイし欲しい
でも現実的ではない
先代のビートに乗っていた頃は独身だったし
先代のビートでも乗り出し価格は
約170万ぐらい(新車)
多分S660が市販されたら乗り出し価格は200万を突破するものと思われる
軽で200万オーバーって(ー ー;)

全てを捨ててスポーツ性を手に入れたビートと
スポーツ性を捨てて全てを手に入れた
ワゴンR
若い頃は確かにスポーツ性だけあれば
良かったのだか、この歳になると
楽チンなモノに頼ってしまう傾向にあり
よってワゴンRような車を選んでしまう
まあ、何かのタガが外れてコトに及ぶ可能性も
無い事も無いかも知れない
どこぞのCMじゃないが可能性はゼロではない
なーんてカッコイイ事言ってはみたものの
現状では夢のまた夢と言う事で(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドーハン

Author:ドーハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。