スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の個人的感想

前回のスペインは
ダニ選手の面目躍如といったところかな

これまでのダニ選手であれば
ロケットスタートは決めるものの
いつもロレンソ選手に抜かれて
そのままじわじわ差を広げられる
…ってーのがパターンだった
それが去年、雨のセパン辺りから
しぶとく食らいつくようになり
そしてオーバーテイクの
パターンになってきた
だから今までは一度抜かれると
ガッカリだったが
今年からはハラハラしながらでも
観れるようになった(笑)
今年こそはホンダのエースとして
チャンプを奪取して欲しいものだ d( ̄  ̄)

ところで前回のスペインといえば
物議をかもしたのが
ロレンソ選手とマルケス選手の接触

これはあくまで、私の個人的感想ですが
これはよくある
レーシングアクシデントではないかと

ロレンソ選手はマルケス選手が少し
離れていると(記者会見でもそう発言
している)思いインを閉めなかった
だからマルケス選手は抜きにかかったが
オーバースピードで接触してしまった
これがまだ浅い周回での出来事であれば
マルケス選手は大馬鹿野郎であるが
これは最終ラップの最終コーナー
ここでは勝負を仕掛けない方が
大馬鹿野郎(笑)
ロレンソ選手ぐらいの人ならば
それぐらいは分かるはず
にもかかわらずインを閉めなかった
というのは多少の油断もあったと思う

でも感心したのは二人の大人な対応
確かにパルクフェルメでロレンソ選手は
まだ若干頭に血がのぼっていたようだが
マルケス選手に喰ってかかる様な事は
無かったし
マルケス選手もちゃんと謝りに行った
記者会見の頃には
二人とも冷静さを取り戻していた感じ

TVでも比較されていたが
かつてまったく同じコーナーで
ロッシ選手とセテ選手が接触した事があった

あの後の悪口合戦はうんざり
接触云々は確かに
危険で可能な限り避けなければならな
いが
悪口による精神攻撃は
プロスポーツ選手として如何なものかと
当時思った事を思い出した(笑)

…って言うか、ロレンソくんも
昔は結構な暴れん坊だったよねぇ
そんな事も思い出した(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

が〜どな〜さん毎度です(笑)
「ガンボーイ」懐かしいですね(笑)
バイクレースに興味を持ち見ていた頃から
この様な接触は多々ありましたね
結局マルケスはお咎め無しみたいでヨカッタです(笑)
早く日本人からも「ガンボーイ」のような
最高峰で通用するライダーが出てくる事を
願って止まない次第です

No title

最終ラップの最終コーナー、モータースポーツであれば起こって当然のレースアクシデントでしょう。

それが「危険行為」と言われるのであれば、モーターサイクルのレースって何が危険で何が安全なんでしょうか。
(そもそもレースって危険なものなんじゃ?)

この記事を見て、私は「ガンボーイ」の話を思い出しました(笑)
プロフィール

ドーハン

Author:ドーハン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。